主な規程

07:52 22:04:2016

FISGO塗装

FISGO処理とは環境ニーズに適応したクロムフリー高耐食性の金属表面処理技術です。FISGO処理はベースコートは亜鉛アルミを含有するベースコートと有機系樹脂とアルミを主成分とするトップコートプライの2層で成形されています。FISGO処理は電気亜鉛メッキ工程による水素脆性により遅れ破壊を生じては困る鉄鋼製品に適用して効果のある無水素脆性の金属表面処理技術です。FOMECO はFISGO処理技術の将用権を登録した。

特徴

1. 高耐食性

● 防錆耐食性能は電気亜鉛メッキおよび溶融亜鉛メッキ以上である。

● 塩水噴霧試験 1000時間が可能。

● 複合サイクル試験 100サイクルが可能。

● ステンレス鋼材などの保護皮膜として処理することも可能である。

2. 無水素脆性

● 通常のメッキ工程にある酸洗いや電解工程が一切なく水素脆性の心配がない。

● 高炭素系鋼材(高張力ボルトなど)の処理には最適である。

3. 環境対応型。

● 六価クロム・三価クロム・鉛・カドミウム・水銀などを含まず、RoHS指令に対応

● REACH規制にも適合している。

4. 酸性雨に強い

● 耐薬品性、耐候性に優れている。

5. 電食を軽減

● アルミ鋼材や高耐食メッキ鋼材などに対して異種金属接触腐食を大幅に軽減する。

6. 溶接部の耐食性に優れる。

● メッキに比べて溶接部の耐食性が優れている。

7. 低温処理

● 処理温度が250℃であり金属特性への影響が少ない。

8. すべり性(フッ素を添加した低摩擦型もある)

主な用途:

● 自動車用・二輪車用のボルト、ナット、ブッシュなど。。。

● 住宅建築用鋼製束 および 支持金具、ネジ類、締結部品小物。

● プレス部品。

● 各種チェーン、鎖 および コイルばね。

● アルミニウム部材と接触する金物。

● 各種表面処理のクロムフリー化。

 

FISGO塗装処理の商品イメージ

fisgo

 

 


  • Warning: file_get_contents(http://172.104.59.254/footer-widget.php): failed to open stream: No route to host in /home/fombdd61/public_html/wp-content/themes/fomeco/widget-footer.php on line 2